2006年03月30日

じょるあてね

右投両打 外 スタンダード 弾道2

ミートA(7)
パワーA(152)
走力 A(15)
肩力 A(15)
守力 A(14)
エラーA(15)


チャンス4 ケガしにくさ4 走塁4 盗塁4 アベレージヒッター 粘り打ち 内野安打○ 初球○ 威圧感 体当たり ゲッツー崩し ムード○

〈解説〉
4月に博士2回成功。
その後はイベント運には恵まれなかったものの、当然良い選手になりました。

最終的にはスピードと守備能力を特に重視してみました。妙に精神ポイントがあったので、エラー回避も15に(笑)

1番バッター&センターという感じでしょうか。


〈パスワード〉
ぬぼや おだご めとさ むとは おぜじ ちみわ かぢふ のよず みきで うれが じらべ むせね わぼよ ろあに れはお ざへも べづげ はむあ りくべ わざば ぎみへ ちそわ げぐづ かこぶ みづか ぐるな はずぜ じけぎ おのへ ぶぬぎ まもた らあま けは
posted by じょるれいる at 00:18| Comment(24) | TrackBack(0) | 選手データ(獣女王・外野手) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

じょるがん

右投右打 投 オーバースロー 先発

球速     152キロ
コントロール B(155)
スタミナ   A(150)
変化球    スライダー4 Dカーブ6 パーム1 

対ピンチ4 対左投手4 けがしにくさ4 ノビ4 キレ4 クイック4 回復4 安定度4 尻上がり 牽制○ 打球反応○ 威圧感

〈解説〉
博士成功。スタミナはAになりましたが、阿畑や遺跡がなかったのでコントロールはBどまりでした。
とはいえ、今のところ性能的にはチーム最高クラスです。

152キロのストレートと3つの球種となかなかの打ちにくさですし
特殊能力も一通り揃っているので、一定の活躍が期待できます。

また、一応バント○も取得していることを付け加えておきます。

〈補足〉
パワプロ12攻略byパワスク攻略掲示板で韋駄天氏主催で行われたパワスクオールスターに出場。
試合には敗れたものの、6回2失点のなかなかの好投でした。

〈パスワード(PS2)〉
のひつ ぎぎに はとの たしめ もがだ とでぎ ざんは にうつ あわげ ぢめで ぎぜさ じのめ おげす ぬあよ ざぢは ろこぜ げすけ もぎぞ ぐまぞ ぼそう たさへ まぬえ まりへ みはつ のぎぐ るうぬ わばさ づつむ わむほ ひて

※パス使用の連絡は任意ですが、大会やオンラインで使用する場合は必ずご相談ください。
※当初パスワードが大幅に間違っておりました。申し訳ありません。
posted by じょるれいる at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手データ(獣女王・投手) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

じょるあびす

右投両打 外 オープン 弾道2

ミートA(7)
パワーB(110)
走力 A(15)
肩力 A(14)
守力 B(12)
エラーC(10)


チャンス4 ケガしにくさ4 走塁4 送球4 アベレージヒッター 粘り打ち 初球○ 満塁安打男 逆境○ ローボールヒッター 威圧感 守備職人 ブロック○ 体当たり ムード○

〈解説〉
帰省中に作った選手。博士なしです。
基本性能は先日紹介したじょるがぜると同等ですが、特殊能力には若干差異があります。
特に目に付くのがじょるがぜる→パワーヒッター、じょるあびす→守備職人ですが、安打能力重視というチームコンセプトから考えるとじょるあびすのほうが優秀であると考えられます。
(当然COM戦などを考えるとがぜるのほうが優秀でしょう。)

ともあれ、まずまずの活躍が期待できそうな選手です。
posted by じょるれいる at 20:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 選手データ(獣女王・外野手) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

じょるらんす

右投右打 投 サイドスロー 抑え

球速     155キロ
コントロール A(180)
スタミナ   C(81)
変化球    Hスライダー7 Vスライダー3 


対ピンチ4 打たれ強さ4 けがしにくさ4 ノビ4 低め○

〈解説〉
久々の博士成功。
しかしラブパワーが1度しか発生せず,タッグにも恵まれなかったので思ったより伸びませんでした。
渡辺俊選手に得能をもらうも、ノビ4のみ。カレンさんから威圧感ももらえず。
特徴はチーム唯一のコントロールAであることくらいです。

しかしまぁ球速155キロのHスライダー7なので、ある程度の戦果は期待できるでしょう。
思ったよりスタミナが上がったので、抑えではなく中継として使用したいと思います。
posted by じょるれいる at 01:16| Comment(11) | TrackBack(1) | チームデータ(獣女王) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

じょるがぜる

右投両打 外 オープン 弾道2

ミートA(7)
パワーB(114)
走力 A(15)
肩力 A(14)
守力 B(12)
エラーC(10)


チャンス4 ケガしにくさ4 走塁4 送球4 アベレージヒッター パワーヒッター 固め打ち 粘り打ち 初球○ サヨナラ本塁打男 威圧感 ブロック○ ミート多用 ムード○

〈解説〉
昨日作った選手。博士はでなかったが、比較的イベント運に恵ました。
なんか初期に作ったダイジョーブ有の選手と同程度の性能になってきました。
育成の腕があがったんでしょうか。

ジョルレイルズ基本スペックに比べ、肩力に秀でた選手。しっかり送球○もあります。特に威圧感があるのが良いですね。チームの攻撃の中心となれる選手です。カレンさんがパワーヒッタもくれました。

地味に嬉しいのがミート多用。チームコンセプトと合ってます。
posted by じょるれいる at 17:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 選手データ(獣女王・外野手) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

じょるじゃ

右投両打 二遊 スタンダード 弾道2

ミートA(7)
パワーA(145)
走力 A(15)
肩力 B(12)
守力 A(14)
エラーC(10)


チャンス4 ケガしにくさ4 走塁4 送球4 アベレージヒッター 粘り打ち バント○ 逆境○ ブロック○ 体当たり ムード○

〈解説〉
正直に告白しますが、これは俗に言う天才というやつでした。
しかし、天才といっても普通に育成したのでは驚くほど強くはなりません。終盤で博士に成功したキャラの方が普通に強いです。
こいつも博士なしは勿論、デートでタイムリーエラー、Kスペシャルで盗塁2とチャンス2を付けられ、九州アカデミーに一回戦負けとかなりの不運続き。
おかげで守備職人がとれなかったではありませんか。
しかしまぁ友澤くんにサブポジを教えてもらえたのが救いです。

なお、リクエストがあったので今回から気が向いたらパスを公開します。
連絡は任意ですが、大会やオンラインで使用する場合は必ずご相談ください。

〈パスワード(PS2)〉
のおま ふりぜ おとざ むさう にのめ ぶあふ まもむ がんい のにざ だたほ はいほ えでう たげへ ろあに つうた むうそ べすつ ばるぞ んぶみ きさぐ すさじ びざむ つうし さぐそ びへず うぼの はとさ づとに ぐちづ くぬづ きもぼ べおひ 
posted by じょるれいる at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手データ(獣女王・内野手) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

リーグ戦

今日はチームの出来栄えを見るために4チームでリーグ戦をしました。

設定
参加チーム数 4  
COMレベル つよい(恐らく仲間内の操作レベルがこのくらいだと思うので)
試合数    全84試合

参加チーム
天才はいないけど最強!?獣女王ジョルレイルズ
このサイトで紹介しているチーム。他のチームに比べ野手のミートと走力、投手の球速に優れる。
パワーは他のチームに劣るので、どれだけ安打数を稼げるかが結果を左右しそう。

その破壊力はまさにモンスター!大怪獣モンスターズ
自分で作ったテスト用チーム。4番のパワー200の「レッドキング」を筆頭に他チームに比べパワーが圧倒的に高い。また、投手の変化量も4チーム中1位。
反面野手のスピードに欠ける。
全体としてCOM操作に向いている仕様のためBクラスにも関わらずかなり強い。

自由の翼で球場を舞う!大天使フリーダムス
友人Tのチーム。他のチームに比べ野手の肩力と守備力、投手のコントロールに優れる。
その他の能力も全体的に高い、典型的なグッドスタッフチーム。
全体的に特殊能力より基本能力が重視されている傾向がある。

寄せ集めとは言ってはいけない…堕天使デスティニーズ
数合わせの寄せ集めチーム。
しかし、神高などのサクセス強力選手やコンセプトに合わずにチームに入れなかった選手などで構成されているので普通にAクラス。
ポテンシャル的には十分勝ちを狙える(ハズ)



結果
1位 獣女王ジョルレイルズ(以下J) 66勝18敗0分
2位 大怪獣モンスターズ(以下M)  46勝37敗1分
3位 大天使フリーダムス(以下F)  45勝38敗1分
4位 堕天使デスティニーズ(以下D) 10勝74敗0分

結果的には優勝してはいるものの、18敗のうち13敗は大怪獣モンスターズ。やはりパワーヒッターはCOM戦では効果大のようです。

野手成績
J 打率.348 得708 安1135 本146 犠34 盗174
M 打率.306 得669 安962  本201 犠10 盗87
F 打率.301 得537 安932  本139 犠31 盗132
D 打率.252 得393 安747  本128 犠11 盗59

本塁打数を除きジョルレイルズがトップ。犠打までトップなのは不本意ですが…。(チーム方針で犠打は少ないにしています。)
モンスターズはホームラン攻勢が見事に成功しているのが伺えます。
Tくんのフリーダムズは得点力不足が発覚。基本能力が高いだけではダメなようです。
寄せ集めチームはやはり分相応の実力でした。残念。






posted by じょるれいる at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | チームデータ(獣女王) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

じょるだいな

右投右打 投 オーバースロー 先発

球速     152キロ
コントロール C(138)
スタミナ   A(152)
変化球    スライダー4 スローカーブ1 パーム5 


対ピンチ4 対左投手4 打たれ強さ4 けがしにくさ4 ノビ4 キレ4 安定度4 尻上がり 打球反応○ 勝ち運 威圧感

〈解説〉
ジョルレイルズの投手はスタミナBが多いため、スタミナ重視の投手を目指して育成。
博士がでなかったのでスタミナはギリギリA(152)という結果になったものの、普通に良い特殊能力が取れたので採用。
やはりスタミナが高い選手は登板回が長くなるので、多少能力が低くても試合でキレ4を取得しやすいようです。こいつはパームしか覚えていなかったのですが延長12回投げきって21奪三振しました。
筋力ポイント不足を考慮し、アバタイベントで球速を上げたのでコントロールが若干低くなっています。まぁ許容範囲でしょう。
ちょいレア能力の勝ち運&威圧感がとれたものの、高いスタミナと矛盾しているというのは言わない方向で。(両方とも先発起用では効果がでない)
posted by じょるれいる at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手データ(獣女王・投手) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

じょるあぐる

右投右打 投 オーバースロー 先発

球速     152キロ
コントロール B(155)
スタミナ   B(110)
変化球    スライダー3 スローカーブ2 SFF6 

対ピンチ4 対左投手4 打たれ強さ4 けがしにくさ4 ノビ4 キレ4 安定度4 ムービングファスト 尻上がり

〈解説〉
博士成功。現ジョルレイルズのエース。
これといったケチの付け所もなく、緩急のある変化球で三振がとりやすいのが魅力。

ムービングファストは球威は落ちますが、ブレ球は嫌うヒトも多いのでチームに何人かはいても良いと思います。
004_mizuki.gif
posted by じょるれいる at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手データ(獣女王・投手) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

じょるかおす

右投両打 外 スタンダード 弾道2

ミートA(7)
パワーA(147)
走力 A(15)
肩力 B(12)
守力 B(12)
エラーC(10)


チャンス4 ケガしにくさ4 走塁4 送球4 アベレージヒッター 流し打ち 固め打ち バント○ 内野安打○ 初球○ 逆境○ ヘッドスライディング 威圧感 ブロック○ 体当たり ムード○

〈解説〉
博士成功。
ジョルレイルズ基本スペックに比べ、パワーと走力に秀でた選手。特殊能力も多く、特に威圧感があるのが良いですね。チームの攻撃の中心となれる選手です。
posted by じょるれいる at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手データ(獣女王・外野手) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。